Googleアナリティクスでアクセス解析する方法とは?【導入から使い方まで徹底解説!】

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

サイトやブログを運営している人にとって、サイトを訪れるユーザーがどれくらいいるのか、また、どういう行動をとっているのか、などを知ることは重要なこと。

でも、アクセス解析はどうやったらいいのか分らない、という方も多いでしょう。

そんな方におすすめなのが、Googleアナリティクスです。

Googleアナリティクスは、Googleが提供するアクセス解析ツールであり、基本的に無料で使用することができます。

さまざまな機能があるのに、多くの分析ができるGoogleアナリティクス。

導入方法から解説しているので、ぜひ参考にして下さい。

Googleアナリティクスとは?

Googleアナリティクスとは、Googleが提供するアクセス解析ツールです。

Googleアナリティクスを用いれば、

  • アプリやサイトの利用者の属性
  • どこからアクセスしてきたか
  • サイトにアクセスしたユーザーの動きの把握
  • コンバージョンの管理

などを行うことができます。

また、これらのデータの分析も可能です。

基本的に無料で使えるツールであり、サイトやアプリの運営をする多くの人に導入されています。

アナリティクス360という有料版もありますが、有料版では、無料版でできることに加えて、Google BigQueryやSalesforceとの連携、高度な解析やプロパティをまたいだ統合レポートなどが可能です。

有料版の使用料は営業担当に問い合わせること、となっていますが、有料版は全ての機能を使用したい大企業向けであり、個人や中小企業で使用したい場合は、無料版で十分対応できるとされています。

Googleアナリティクスの導入方法

豊富な機能があり、情報の分析・活用が簡単にできるのに、無料で使用できるGoogleアナリティクス。

導入に必要なのは

  1. Googleアカウントを作成
  2. Googleアナリティクスアカウントを作成
  3. トラッキングコードの取得・設置

の3ステップです。

それぞれのステップごとに見ていきましょう。

Googleアカウントを作成

Googleアナリティクスを利用するためには、Googleアカウントを持っている必要があります。

Gmailアドレスを持っている人は、既にGoogleアカウントを持っている、ということになりますが、そうでない方は下記のページから必要事項を記入してGoogleアカウントを作成しましょう。

https://accounts.google.com/signup/v2/webcreateaccount?continue=https%3A%2F%2Fwww.google.com%2F%3Fhl%3Dja%26pli%3D1&hl=ja&gmb=exp&biz=false&flowName=GlifWebSignIn&flowEntry=SignUp

アクセス 解析 google

Googleアナリティクスアカウントを作成

Googleアカウントを取得したら、Googleアナリティクスのアカウントを作成しましょう。

Googleアナリティクスの画面で、「無料で利用する」ボタンを押します。

アクセス 解析 google

「無料で利用する」ボタンを押すと、下記の画面になります。

アクセス 解析 google

ここから「登録」しましょう。

アクセス 解析 google

「アカウント名」を入力して、画面下にある「次へ」を押すと、測定する対象を選ぶ画面に変わります。

アクセス 解析 google

ここで、対象サイトを選び、「次へ」を押しましょう。

そうすると、プロパティの設定画面に移ります。

アクセス 解析 google

プロパティ名を入力し

  • 業種
  • レポートのタイムゾーン
  • 通貨

を選択したら、「作成」ボタンを押しましょう。

アクセス 解析 google

画面が上記の画面に変わり、国や利用規約に同意すれば、完了です。

トラッキングコードの取得・設置

Googleアナリティクスのアカウントを作成したら、トラッキングコードが発行されます。

このトラッキングコードをページに貼り付ければ、分析したいサイトの情報をGoogleが把握できる状態となります。

Googleアナリティクスの使い方

Googleアナリティクスのアカウントの設定が完了したら、実際に使ってみましょう。

アクセス解析 google

Googleアナリティクスでは、

  • リアルタイム
  • ユーザー
  • ユーザー属性
  • 行動
  • テクノロジー

などを知ることができます。

それぞれどういう項目なのか、1つずつ見ていきましょう。

リアルタイム

リアルタイムでは、「現在」サイトで起きていることをリアルタイムで知ることができます。

1分当たりのイベント数や上位のイベント、地域やアプリバージョンのほか、李マーケティングのために作られたオーディエンスもリアルタイムで処理できます。

ユーザー

「ユーザー」メニューでは、サイトやブログにアクセスしてきたユーザーについて知ることができます。

アクティブユーザーやライフタイムバリューについてはもちろん、個々のユーザーの行動についても詳しく知ることができます。

ユーザー属性

ユーザー属性のところでは、国・市町村・性別・年齢・言語別のデータを知ることができます。

行動

「行動」のメニューのところでは、ユーザーがイベントやページをどのように移動したのか、を知ることができます。

したがって、ユーザーが興味を持ったコンテンツや、コンテンツ内の問題点について把握することができます。

また、どのようなユーザーがどういう検索語句でサイト内の検索をしたのか、も分かります。

テクノロジー

テクノロジーの部分では、ブラウザ別・デバイスカテゴリ別のユーザーや画面の解像度、ページ別の閲覧数などを知ることができます。

サイトやブログにアクセスしてきたユーザーの情報がどこのカテゴリーに表示されるかを覚えておくと良いでしょう。

まとめ

Googleアナリティクスの導入方法から使い方まで、紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

サイトやブログにアクセスしてきたユーザーの情報を解析し、カテゴリー別に自動でまとめてくれるGoogleアナリティクス。

使い方をマスターして、サイトやブログの運営に役立てましょう。

 


<参考>

  1. 【初心者さん向け】どこよりも詳しいGoogleアナリティクスの始め方|導入から設置まで
    https://junichi-manga.com/how-to-begin-google-analytics/
  2. 【GAとは?】Googleアナリティクスとは何か分かりやすく解説します!
    https://digitalidentity.co.jp/blog/analytics/what-googleanalytics.html#Google
  3. Googleマーケティング プラットフォーム
    https://marketingplatform.google.com/intl/ja/about/analytics/