もう失敗しない!アンケートの作り方のコツを徹底伝授!

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

「アンケートなんか作りたくない」

「以前アンケートを作ったときに失敗した」

アンケートを作ることに対して、こうした思いを持っている人も多いでしょう。

 

効果的なアンケートを作成するためには、ちょっとしたコツを押さえることが重要です。

何も知らないままアンケートを作ると、手間と時間の無駄になることさえあります。

 

そこで今回は、アンケートを作るコツを徹底的に解説していきます。

 

この記事は、

  • アンケート作りに失敗した経験がある人
  • アンケートを作成するコツが知りたい人
  • 回答率が高いアンケートを作りたい人

におすすめの内容です。ぜひ参考にしてください。

アンケートを作る前の準備

何かしらのデータを収集するためにアンケートを実施する場合、事前の準備が重要です。

アンケートを作成する前に、次の項目について考えましょう。

  • 目的
  • ターゲット
  • 実施期間
  • アンケート方法
  • 質問形式・質問数

 

それぞれの事項について、順番にチェックしていきます。

【目的を決定する】

まずは、アンケートを作成する目的を明確にしましょう。

「なぜそのアンケートを実施する必要があるのか」を具体的に考えてみるのです。

目的があいまいな状態でアンケートを実施すると、分析が不十分になるので注意が必要です。

【ターゲットを決定する】

アンケートは「誰に」回答してもらうのか、ターゲットを決めておくことも大切です。

新規顧客を獲得するためのものなのか、既存顧客に対するものなのかなど、ターゲットに応じて内容は変わります。

ターゲットの決定と同時に、年齢層や性別、居住地などの条件を細かに設定すると効果的です。

【実施期間を決定する】

アンケートの目的とターゲットが決まったら、実施期間の設定をしましょう。

実施期間を事前に決めていないと、アンケートの回収率があまりよくない傾向があります。

アンケートから得られる情報が必要なタイミングやゴールなどに合わせた適切な実施期間を決定することが大切です。

【アンケート方法を決定する】

アンケートの方法は、ターゲットに合わせた方法を選択するようにしましょう。

できるだけ多くのターゲットにアプローチするために、適切な場所や媒体を選定することが大切です。

例えば、ターゲットが若い層であればDMよりもSNSなどを利用する方がアンケートの回収率が高くなります。

【質問形式・質問数を決定する】

収集する情報に合わせた質問形式や質問数を決定しましょう。

アンケートの主な質問形式は、次の表の通りです。

質問形式 ターゲットの回答方法
チェックボックス 選択肢の中から当てはまるものを複数選択
ラジオボタン 選択肢の中から1つだけ選択
マトリックス 同じ選択肢で複数の項目に回答
スケール 段階的な選択肢の中から1つだけ選択
テキストボックス 感想や意見などを自由に回答

 

アンケート作成時のコツとは

アンケートの事前準備がしっかり整ったら、実際にアンケートを作成していきましょう。

アンケートを作成するときに押さえるべきコツは次の3つです。

  • 質問ごとの目的を明確にする
  • わかりやすい言葉を使う
  • 質問全体の流れを整理する

 

それぞれの内容について順番に解説していきます。

【質問ごとの目的を明確にする】

アンケートを実施する目的を明確にするのはもちろん、アンケートの質問ごとに目的を明確にすることも大切です。

一つ一つの質問の目的を考えることで、似たものを発見しやすくなります。

設置が不要な質問が見つかれば別の質問に置き換えたり、そもそも省略してすっきりとしたアンケートを作成したりなどの工夫ができます。

【わかりやすい言葉を使う】

アンケートにはわかりやすい言葉を使いましょう。

解釈が人によって異なる言葉やいくつか別の意味がある言葉をアンケートの質問に使うと、誤った回答につながる可能性があるので注意が必要です。

解釈に幅がなく、誰にとっても分かりやすい言葉を使用してアンケートを作成するのがコツです。

特にアンケートのターゲットが一般の人である場合は、専門用語をできるだけ避けましょう。

【質問全体の流れを整理する】

質問がある程度決まったら、回答者がスムーズにアンケートに回答できるように質問全体の流れを見直しましょう。

質問に答えやすいアンケートは、時系列や流れが自然になっているというのが特徴として挙げられます。

過去から未来に、流れるように質問を構成するようにしましょう。

また、最初の質問を簡単なものにして、だんだんと複雑な内容を聞くような流れにしておくと、回答者が次の質問に答えやすくなります。

アンケートの質問全体の流れが自然だと、回答率もアップする効果が期待できるので構成をしっかりと考えましょう。

回答率アップさせるアンケートの作り方3つのコツ

アンケートの回答率をアップさせるためには、次の3つのコツを押さえることが重要です。

  • 気軽に回答できるアンケートを作成する
  • 回答者に伝わる文章を選択する
  • ギフトカードや景品をつける

 

順番に、それぞれの内容を見ていきましょう。

【気軽に回答できるアンケートを作成する】

回答者が気軽に答えられるアンケートを作ることを意識しましょう。

回答に時間や手間がかかるアンケートだと、回答者が答えてくれない可能性が高くなります。

簡単なアンケートにするためには、質問数を最低限に、そして、選択肢を単純にすることがポイントです。

アンケートの上部に回答にかかる時間を明記すれば、回答率アップが期待できます。

【回答者に伝わる文章を選択する】

先に少し触れましたが、アンケートは相手に伝わる分かりやすい文章で構成することがポイントです。

だらだらとした言い回しや難しい言葉は、すべて簡単な言葉に言い換えましょう。

相手の年齢や性別、立場などに合わせた言葉遣いでアンケートを作成すると、回答率のアップに繋がりやすくなります。

【ギフトカードや景品をつける】

アンケートに回答してくれた人に対して、にギフトカードや景品を渡すようにすれば、通常よりも回答率のアップが期待できます。

回答者全員にプレゼントしなくても、抽選で何人かに景品を渡す方法もあります。

ただし、ギフトカードや景品などのインセンティブをつけると、その分アンケートにかかる経費が膨らむので注意しましょう。

有効的なアンケートにするコツとは

アンケートの冒頭は、挨拶から始めましょう。

あいさつから始めることで、アンケートに対する印象アップが図れます。

いきなりアンケートの質問で始まると、マイナスな印象を持たれやすくなるので注意しましょう。

 

また、アンケートで収集した情報は、しっかり分析することも大切です。

アンケートの作成や実施に注力しがちですが、アンケートはデータを収集して分析するために行うものです。

代表的な分析手法をまとめて紹介するので、目的に合った手段でデータを分析してみてください。

アンケート 作り方 分析

まとめ

アンケートを作成するためには、いくつかのコツを押さえることが大切です。

今回紹介した内容を参考に、回答率が高いアンケートを作成してみましょう。


<参考>