誰でも簡単にできるエクセルを使ってアンケートを集計する方法とは?

アンケートを実施したら、集めたデータを集計して分析する必要があります。 回答数が多いアンケートではデータ数が多く、集計に時間がかかって苦労することも多くあります。そこで一役かうのがエクセルです。 今回は、エクセルを使ってアンケートを集計する方法を紹介していきます。 エクセルの初心者でも理解しやすいように、基礎から詳しく解説していきます。 ぜひ最後まで読んで、データ集計に役立ててみてください。 この記事は、
  • エクセルの基礎的な使い方が分からない人
  • エクセルでアンケートの集計がしたい人
  • 効率よくデータを集計する方法が知りたい人
にピッタリの内容です。 それでは、エクセルの基本的な知識から分かりやすく解説していきます。

まずはエクセルの各部名称を覚えよう

アンケートを集計する方法を紹介する前に、エクセルの各部名称を覚えましょう。 いずれもエクセルを使う上で必要になる知識なので、よく確認しておいてください。
タブ エクセルのウィンドウの上部。 「ファイル」「ホーム」「挿入」「ページレイアウト」「数式」「データ」「校閲」「表示」「置換」がある。
セル エクセルのページ上のマスのこと。 文字や関数などを入力してデータを整理する場所。
列番号 エクセルのページ上の横軸。 アルファベットで表記される。
行番号 エクセルのページ上の縦軸。 アラビア数字で表記される。
数式バー タブとエクセルページの間にある「Fx」の右隣にある白い枠。 関数を入力することで、計算結果を自動でセルに反映させたり、平均値を出したりなどできる。
シート見出し エクセルのウインドウの下部にあるタブのこと。 何も変更していない場合は「Sheet1」や「Sheet2」と表示される。 見出し名は自由に変更できる。
以上がエクセルの基本的な各部の名称です。 アンケートの集計をするには、セルに文字や数字を入力していきますが、途中でセルが「#####」と表示されることがあります。 これは、文字や数字が初期設定のセルの大きさで表示できる長さではないために発生する現象です。 列幅を整えて不要な列を削除すれば解消できるので、次に説明する操作方法を覚えておきましょう。 例えば、A1のセルが「#####」と表示されている場合は、A1とB1の間にある線の上にカーソルを合わせると黒い十字になります。その状態のままダブルクリックすると、列の中で1番幅が必要なセルに合わせて自動で調整されます。 不要な列の削除は、消したいセルを選択して右クリックし、表示されるメニューの中から削除を選ぶと完了します。 ここまでに説明した基礎知識を押さえておけばエクセルを使うことができるので、しっかり習得しておきましょう。 それでは、次の章からは実際に使用できる集計方法を紹介していきます。

アンケートの集計にエクセルを用いる方法

アンケートで使用する回答形式別に、エクセルの使い方を見ていきましょう。 今回は、単一回答と複数回答の集計をエクセルで行う方法を解説します。 回答形式がどちらであっても、エクセルにアンケートのデータを入力して集計表を作成する必要があります。 エクセルに入力した基礎データにミスがあると、集計や分析の結果に影響が出てしまうので注意してください。

単一回答の集計方法

単一回答の場合は、「COUNTIF」と呼ばれる関数を使用することで簡単に集計することができます。 COUNTIFとは指定範囲の中から条件に合致するセルの数をカウントできる関数のことです。 実際にCOUNTIF関数を使用して単一回答の集計をする場合は、次の手順でエクセルに入力をしていきましょう。 アンケート エクセル

複数回答の集計方法

複数回答のアンケートを集計するためには、回答内容によって「1」か「0」を入力しておくことで楽にデータをまとめることができます。 回答者がアンケートの選択肢を選んでいた場合は該当のセルに「1」を入力し、していなければ「0」を入力しましょう。 単一回答を集計する場合はCOUNTIF関数を使用しましたが、複数回答の場合はSUM関数とINDEX関数の2つを利用します。 SUM関数は指定した範囲のセルに入力された数値を合計するものであり、INDEX関数は指定した行と列が交差するセルに入力された数値を表示するものです。 アンケートの集計結果を出すセルに、次の数式を入力してください。 「=SUM(INDEX(参照するセル,行番号,列番号)」

効率的にアンケートを分析するためにはどうしたらいい?

アンケートを集計して分析するには、時間がかかります。 したがって、いかに効率よくアンケートを分析するかがカギになります。 効率的にアンケートを分析するためのポイントを紹介していきます。

【集計単位に注意する】

アンケート分析の効率をアップさせるためには、データの読み間違いをしないよう、集計単位に注意することが大切です。 例えば、単位が「人」なのに実際のデータは「%」であることに気付かずにデータを分析すると、結果が大きく異なってしまいます。 データ数が多くなると細部まで確認が行き届かないことがありますが、集計単位の確認をするようにするだけで、ミスを減らしてアンケートを分析する効率をアップさせることができるでしょう。

【適切なグラフを選択する】

アンケートデータの分析結果を見やすくする方法として、グラフの活用がありますが、このグラフは、適切な種類のものを選択することが大切です。 一般的に、回答形式の種類ごとに適切とされるグラフは、次の表のとおりです。
集計の種類 回答形式 グラフの種類
単純集計 単一回答 帯グラフ、円グラフ
複数回答 棒グラフ、折れ線グラフ
クロス集計 単一回答 帯グラフ
複数回答 棒グラフ、折れ線グラフ

まとめ

回収したアンケートの数が多くなるほど、集計や分析に時間がかかるものですが、エクセルを使うことで効率よくまとめることができます。 今回紹介したポイントを参考に、エクセルを活用してみてください。

無料お役立ち資料フォーム


<参考>
  1. 【Excel】アンケート結果を簡単に集計する方法(フォームズのブログ) https://blog.formzu.com/how_to_calculate_survey_result_with_excel#Excel
  2. アンケート後の集計はどうする?主な方法やExcelでの簡単な手順(ハイプドビッツ公式HP) https://www.pi-pe.co.jp/solution/article/enquete_system/144/
<関連記事> Excelでデータを集計するには集計関数?それともピボットテーブル? 【Excel統計】Excel関数の利用と分析ツールの利用で手軽に統計処理