Web調査 メリット デメリット

Web調査のメリットとデメリット、やり方と注意点について詳しく解説

マーケティング課題を抱えていたり、事業の成長を図るために、ユーザーの意見を聞きたい企業・部署も少なくないでしょう。

ユーザーボイスを集めるためにおすすめなのが、低予算ですぐに実施できるweb調査です。

本記事では、web調査の定義やメリット・デメリット、注意点を解説いたします。

詳しいweb調査のやり方についても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

web調査とは

Web調査とはWeb上で行うマーケティングのリサーチ手法のこと。

「ネットリサーチ」や「webアンケート」とも呼ばれ、すべてがオンラインで完結するため、工数が少なく、モニターが集めやすいのがweb調査の特徴です。

地方在住や外出が難しいユーザー、また忙しいビジネスマンなど、様々なタイプのモニターに実施しやすいアンケートといえるでしょう。

web調査のメリット・デメリット

オンラインで調査が完了するweb調査。

実施する上でのメリットやデメリットをみてきましょう。

web調査のメリット

Web調査のメリットとして

  • あらゆるモニターに依頼できる
  • 予算が少なくて済む
  • アンケートのコントロールができる

ということが挙げられます。

1つずつ確認しましょう。

あらゆるモニターに依頼できる

Web調査は、ネットがあれば実施が可能。

したがって、居住地に縛られることなく、さまざまなモニターに依頼することができます。

予算が少なくて済む

Web調査はオンライン上で完結する調査方法です。

したがって、予算が少なくて済みます。

アンケートのコントロールをできる

アンケート調査では、矛盾した回答がなされることも少なくありません。

しかし、利用するアンケートシステムによっては、回答の分岐や矛盾した回答に対するコントロールが可能です。

web調査のデメリット

魅力的なメリットがある反面で、web調査にはデメリットもあります。

続いて、web調査のデメリットを確認しましょう。

インターネット環境の整備が条件になる

Web調査は、インターネット環境が無ければ実施することができません。

昨今、携帯電話の普及に伴い、インターネットに接続できるユーザーが増えましたが、やはりバイアスがかかる点は否めないでしょう。

回答の深堀ができない

アンケート調査では、対象者がなぜそう回答したのか、という理由を深堀したいときも少なくありません。

しかし、Web調査では、対象者の回答に対して確認や深堀ができません。したがって、この点がWeb調査のデメリットといえるでしょう。

web調査のやり方

Web調査は計画・実施・集計・分析の4段階に大別されます。

ここでは、詳しくweb調査のやり方を確認しましょう。

①web調査を計画する

まずはweb調査を実施する目的を定め、アンケートの設問数や調査対象者のタイプ(属性)、サンプル数を決めます。

このweb調査における最初のステップである、アンケートの企画・設計の段階は非常に重要です。なぜなら、せっかくweb調査を実施しても、目的を定めていない場合は結果を活用できないからです。目的が分からない以上は、適正な対象者を定めることもできません。

たとえば「自社製品の売上が落ちてきた」といったマーケティング課題を抱えていると仮定します。Web調査を実施するにあたり、この課題に対して「新たなライバル商品が発売されたのか?」や「新鮮味が薄れたのか?」などの仮説を立てましょう。

そして、仮説を元にweb調査の対象者や人数の設定、設問のタイプなどを決定する企画・設計を行いましょう。

②web調査を実施する

Web調査の方向性が決定したら、続いてweb調査を行うための調査票を作成します。

調査票とは、アンケート画面で表示されるアンケート内容のこと。設問の順番や表現の仕方、選択肢の提示方法、補足説明の有無や方法などを考慮し、回答者が正確に理解しやすい設問を設定することが大切です。

効果的な調査票を作成するポイント

Web調査結果の精度に影響するため、調査票の質はとても重要です。

調査票の作成時は、設問数や設問の順番・設問文の書き方・選択肢の用意について注意を払いましょう。

・設問数

一般的に、Web調査の設問数は20〜25問ほどがベストです。30問を超えると、回答者のモチベーションが低下して回答の精度が落ちる傾向があります。

アンケート方法によっては設問数を増やせますが、それでも70問ほどに抑えましょう。

・設問文の書き方

設問を作成する際に注意しなければならないこととして

  • 主語を表記する
  • 文末の表現は統一
  • 回答を誘導するような質問を避ける
  • 「?」は使用しない

ということが挙げられます。

また、すべての調査対象者が理解できるように、専門用語や略語の使用は控えましょう。

1つの設問では1つの内容を記載し、回答者に不快な思いを与えないように差別用語や行き過ぎた敬語・謙譲語の利用も避けてください。

・選択肢の用意

選択肢は、内容が重複しないようにしましょう。

また、ダミーの選択肢を含めることもおすすめです。

数値化できる選択肢は可能な限り数値化し、頻度の選択は「高い→低い」順番に、金額の選択は「小さい→大きい数字」の順に記載しましょう。

設問の設定と同様ですが、主観から作成するのではなく、あらゆるユーザーの立場や考え方を想定した幅広い選択肢の作成を心がけてください。

・設問の順番

時系列を考えて、また論理的な順番で設問を並べます。

答えやすい質問から始め、大切な質問は序盤で尋ねましょう。ただし、調査対象者の特性に関する設問はアンケートの後半に置きます。

原則は最近の話から尋ねますが、絞り込みの際は反対になります。

大きなカテゴリーから細分化するように意識しましょう。

③web調査の結果を集計する

Web調査の結果を回収したら、まずは回答の抜けや矛盾、不適切な回答など無効回答の有無を確認しましょう。無効回答が見つかった場合は、web調査の回答データから省きます。

Web調査の有効回答の収集したら、web調査の結果の活かし方から集計方法を決定してください。Web調査の結果を可視化する集計方法の選定は、データを把握しやすくする上で重要です。

また、自社で行うか、調査会社に依頼するかも決める必要があります。

④web調査の結果を分析する

集計作業と同じく、web調査の結果の活用法から分析方法を定めましょう。アンケート結果の分析作業では、集計したデータを加工したり、数値結果の比較を行います。加工や比較を通して、違いが生まれた要因や理由の検討をしてください。

Web調査の分析結果によって、調査の初めの段階で設定した仮説の正しさ、もしくは間違いが判明します。もし仮説が正しければ、仮設に応じてマーケティング施策を打ち出しましょう。万が一仮説が間違っていた場合は、新たに仮説を考え直すなど次のアクションを決定します。

web調査で注意したいこと

Web調査の実施は手軽でリスクが少ない印象がある方が多いのではないでしょうか?

確かに、無料で配布されているセルフ型のアンケートやテンプレートを利用して、比較的コストをかけずに簡単にweb調査は実施可能です。しかし、いかなる調査も目的や課題が不明確なままに実施しても、良い結果は得られません。

Web調査を行う前に、しっかりと目的や課題を見出し、関係者全員で共有することが大切です。

まとめ

Web調査の定義とメリット・デメリット、やり方、注意点を解説いたしました。

低価格で気軽に実施できるweb調査ですが、結果を活かすためにはしっかりとした計画と集計・分析が欠かせません。

本記事を参考にして、適切なweb調査を行い、課題の改善や事業の成長を図りましょう。

無料お役立ち資料フォーム


参考記事一覧

Web調査の種類・費用(ASMARQ)

アンケート調査・WEB調査の種類とその方法、料金感とは?(比較サポーター)