プロダクト開発 問題

プロダクト開発において起こりうる問題とは?解決する方法も紹介

「プロダクト開発が上手く行かない…」

という時に、「何が原因なのか」悩む方は少なくないでしょう。

プロダクト開発で生じる問題には「不確実性」や「逆境」、「断絶」が、そして、プロダクト開発で問題が起きる理由として、人的ミスと理解不足が挙げられます。

本記事では、プロダクト開発において起こりうる問題を詳しく解説します。プロダクト開発の問題解決に必要なことについても、理解しましょう。

プロダクト開発において起こりうる問題

冒頭で述べましたが、プロダクト開発で発生する問題は、以下の3点に大別できます。

  • 不確実性
  • 逆境
  • 断絶

それぞれの問題について、1つずつ見ていきましょう。

不確実性

不確実性とは事実との分断によって起こるもの。

中身の把握が十分できずに立ち上げる場合、混沌とした状態から始まることも多く、不確実な状況下で仮説検証を重ねて把握できたことを積み上げていくことになるため、プロダクト開発に問題が生じるのです。

不確実性の問題は6つ。その1つ目が、シャロウコンセプト(浅いコンセプト)、つまり、コンセプトが奥行きに欠けているため、調査不足に陥り、類似商品が既に市場にあることを把握できない、ということにあります。

したがって、仮説検証を繰り返して市場の解説すべき課題、プロダクト開発をする予定製品のコンセプトを必要とするユーザーが存在するかを、確かめましょう。

不確実性の2つ目が、過剰な意気込みがあるにもかかわらず、現状に対する理解力との隔たりが大きいケース。把握できていないことを理解できる検証手段を選択することが求められます。

3つ目は、プロダクト開発を1人でしていて、チームも支援者もいない状態。

これを解決するためには、段階的に、プロダクト開発を行うチームを結成することが求められます。組織内だけでなく、外部からも専門家を招くことも考慮するといいでしょう。

4つ目は、具体的に作る内容が不明なときに生じるもの。

考えてから作成するのではなく、作成しながら考えてみるほうが作りやすいもの。手書きのラフなスケッチをしてみると効果的です。

5つ目は、プロダクト開発は決まっているが、何を作るべきかが分からないケース。課題仮説と機能仮説、形態仮説を考え、それぞれの検証をすると、プロダクト開発に有効です。

6つ目は、何を開発するべきかが不明瞭だったり、基準が弱いために、実現化に向けた方策を決定できずに過剰な技術選択をしてしまうこと。この問題を防ぐためには、長期的視点と短期的視点、また目的や手段など、あらゆる方向から検討することが重要です。

逆境

逆境とは未来との分断を指すもの。

DX(デジタルトランスフォーメンション)の一貫として取り組むタイプのプロダクト開発では、逆境に向き合う必要があり、制約が増えます。結果的に、プロダクト開発が前進しづらい状況に陥る問題が発生する恐れがあるのです。

断絶

断絶とは、理解との分断によって生じること。

コロナウイルス感染症の拡大に伴って、リモートワークが主流になったために発覚した困難として挙げられますが、物理的に分断されることで組織やチーム内の相互理解も分断され、プロダクト開発がより難しくなったことが挙げられます。

問題解決に必要なこと

プロダクト開発で品質に問題が生じる原因として人的ミスと技術者の理解不足が考えられます。

具体的には、製品の動作原理やアーキテクチャーの理解不足であり、問題をできる限り早い段階で発見すること、問題が発生しないような開発プロセスを作ることが必要です。

問題の早期解決や問題が発生しにくい開発プロセスを確立している企業は、企業間競争にも強い傾向があります。

製品の動作原理を学ぶ

学習しながらプロダクト開発を行うと、問題が起こりにくい開発プロセスを形成することができます。また、学習サイクルが進行していく中で、開発技術者の製品動作原理についての理解を深めることが可能。開発技術者の理解不足による問題発生を防止できます。

アーキテクチャーをしっかりと理解する

プロダクト開発の分業化が進んだ結果、技術者は全体システムのごく一部だけを担当するケースが多く、担当ユニットや部品についての知識と経験はあるが、ユニット間の繋がりや全体の構成、また全体としての機能配分などを把握していない技術者は多いもの。

似たようなプロダクト開発の繰り返しの場合、アーキテクチャーを理解していなくても開発はできますが、このプロダクト開発方法では、ユニット間の連携やアーキテクチャーの理解によって成立する機能や性能に関わることがありません。したがって、技術者や技術組織からはアーキテクチャーの知識が失われてしまう恐れも。アーキテクチャーをしっかりと理解することが大切です。

まとめ

プロダクト開発にて起こりうる問題について詳しく解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

本記事で紹介した解決法を参考に、プロダクト開発に取り組んでみてください。

無料お役立ち資料フォーム


参考記事一覧

現代のプロダクト開発に立ちふさがる”3つの分断”を乗り越える方法とは(ProductZine)

製品開発における品質問題の問題解決能力を高める方法(フューチャーシップ)

今、製品開発設計の何が問題なのか?