CATEGORY

データ分析

マーケティングに重要なビッグデータの分析。そのデータ分析に役立つのが統計学です。「難しい」というイメージのある統計学を、分かりやすく解説します。データ分析のために統計学を活用したいと思っている方の参考になる記事です。

  • 2021年11月17日
  • 2021年10月11日

多段抽出法|マーケティング調査を効率化する

マーケティングにおける調査には、精度を高めようとするとコストが膨らむという性質があるため、マーケターはときに妥協が求められます。 しかし、多段抽出法なら、コスト安にある程度の精度を出すことができます。 多段抽出法とはどのような手法なのか、分かりやすく […]

  • 2021年11月15日
  • 2021年10月11日

顧客理解を可能とするパス解析|因果関係を徹底的に探る

マーケティングで顧客の様子を把握するときや、アンケート結果を分析するときに有益な解析手法、パス解析。 統計の教科書では「変数間にいくつかの因果を仮定し、共分散行列や相関行列をもとに因果推論を行う統計的な分析手法」と解説されていますが、この解説では理解 […]

  • 2021年11月12日
  • 2021年10月8日

判別分析|「どの来店者がこの商品を買うか」の予測が可能

営業ではときに、ローラー作戦を展開することがあります。ローラー作戦とは、「とにかくこの地域のすべての企業を回る」や「1人1日100件の電話をかける」といった方法のこと。 マーケティングなら「全員プレゼント」や「全国キャンペーン」などが、ローラー作戦に […]

  • 2021年11月10日
  • 2021年10月8日

因子分析と軸の回転から【バリマックス回転】と【プロマックス回転】を理解する

アンケート結果などを分析する方法の1つである、バリマックス回転とプロマックス回転。 マーケターがこの手法を会得すると、顧客の深層心理に近づくことができます。 この2つの回転を理解するには、本来は高度な数学の知識が必要となりますが、この記事では極力専門 […]

  • 2021年11月8日
  • 2021年11月8日

ランダムフォレスト|マーケティングで使えるAIの理論、「とにかく問い続けよ」

AI(人工知能)で使われている理論の1つ、ランダムフォレストとは、決定木(けっていぎ)を複数個集めたもの。 このランダムフォレストは、マーケティングに応用することができます。 例えば、マーケ―ターが、来店客のなかから購入単価が高い客をみつけることがで […]

  • 2021年11月5日
  • 2021年10月4日

「多次元尺度構成法」で自社商品が他社商品と似ているのかどうか確認

以下の4つの内容に賛同できるでしょうか、できないでしょうか。 ロッテリアは、マクドナルドに近く、モスバーガーから遠く離れている モスバーガーは、フレッシュネスバーガーに近いが、だからといってマクドナルドから遠く離れているわけではない 日産の車は、トヨ […]

  • 2021年10月25日
  • 2021年10月1日

マーケターは「共分散構造分析」で仮説を疑おう

「リピーターを増やすには顧客のロイヤリティを高めなければならない」 多くのマーケターがこの説を信じ、顧客が自社製品を心から愛するような策を講じています。 しかし、この説は正しいのでしょうか。マーケターが顧客のロイヤリティに注目するのは、マーケティング […]

  • 2021年10月22日
  • 2021年9月30日

ホームユーステストとは?実施する際のポイントや実施例を紹介

商品・サービスを一定の期間実際に使用してもらうことで消費者の生の声を調べる調査、「ホームユーステスト」。 どのような商品・サービスがホームユーステストに向いているのか、そして、ホームユーステストを実施する際のポイントや実施例について、詳しく紹介します […]

  • 2021年10月20日
  • 2021年9月28日

コンジョイント分析|「この機能ならこの値段にできる」

「これだけ高い機能を持つ製品だから、ライバル製品より高い値段で売りたい」と思うメーカーのマーケターは少なくないでしょう。 開発チームと製造部門がよい製品をつくってくれたら、マーケターたちはしっかりマーケティングをして、適正価格で売っていかなければなり […]

  • 2021年8月31日
  • 2021年9月7日

アンケートおけるノイズとは|排除する方法を解説

離れた場所にいる相手からも回答を得ることができ、紙で調査を進めるよりも費用を抑えやすいインターネットを活用したアンケート。 導入している企業も多いでしょう。 しかし、アンケートの回答数が多くなると気になるのが「ノイズ」です。ノイズであることに気づかな […]