20代女性 コスメアイテム

自主調査:20代女性にコスメアイテムの情報収集法とお化粧方法で参考にすることなどをインタビュー

コスメアイテムはどう選んでいますか?

そして、そのコスメアイテムでどのようにお化粧をしていますか?

今回は、20代の女性、はなさん、じじさんの2人に、コスメアイテムの選び方や自分に合ったお化粧の仕方などについて聞いてみました。

お話を聞いた人

はなさん 23歳 京都在住

じじさん 29歳 東京在住

コスメアイテムは、スキンケア用品から香水まで

ー まず、あなたにとってのコスメアイテムとは、何から何までですか?

はなさん:

基礎化粧品(スキンケア用品)から、香水までです。

じじさん:

洗顔料も含むスキンケア用品とか、ファンデーションとか。ヘアメイクって言われるくらいだし、髪の毛も含まれると思います。考えたことなかったけど、確かに香水も含まれそうですね!

スキンケア用品・お化粧品はどう選んでる?

ー なるほど、なるほど。スキンケア用品は、どのようにして選んでいますか?

はなさん:

高校生の時に、イプサの肌診断を受けて自分の肌質を知ったので、それに合わせて選んでいます。私は乾燥肌なので、保湿をしっかりしてくれるものを使っています。化粧したまま寝てしまった次の日なんかは、肌がとても乾燥する上に、肌の状態も悪化するので、特に気をつけるようになりました。

ゲランの美容液などテスターを使ってみていいと思ったら、そのシリーズのものを買ったりもします。

じじさん:

知人からの紹介とか、メイク講座でおすすめされたもの、渡辺直美さんなどの芸能人がおすすめしているものを選びます。実際に使った感想などを言ってくれるので、それを参考に自分も使ってみるようにしています。最終的に決める時は、ネットの情報ですね。

お顔の診断を受けて、自分の似合う色を把握しています。

ー お化粧品選びの基準は?

はなさん:

化粧品は、シャネルに決めています。お化粧するパーツによって、Kateやメイベリンなど少し変えたりもしますが、ほぼシャネル統一しています。シャネルは、アイシャドウの発色もいいので、ずっと使い続けたいと思っています。

アイシャドウや口紅は、診断結果を参考にしながら発色や好きな色で決めます。あとは、マットかツヤツヤか、ラメかマットかなどで選ぶかな。

色々試して、自分に合う色も大体把握しているから、似合う色しか買いません。

じじさん:

カラー診断(春夏秋冬)をして、自分に会うものを探します。ネット(youtubeなど)で顔の形、輪郭、体型などの自己診断を受けて、自分に似合うものを探すことが多いです。どんなスタイルが良いかとか、何色が自分に似合うのか判断する際の参考にしています。

ファンデーションは、セフィーヌをずっと使っています。一度使ってみてよかったから、リピートしてますが、いつか肌に合わなくなる時がきたら、また選び直そうと思ってます。

セフィーヌのファンデーションを買ったのは、自分の用途に合うものだったからです。汗をかいても、動いてもとれなくて、尚且つナチュラルに見えるもの。

ー 季節によって、使う色などは変えたりしますか?

はなさん:

お化粧の色は、基本的に季節ごとに変えますね。

春はピンク、夏・冬はベージュ(口紅は赤色)、秋はベージュ・黄色。秋に黄色のアイシャドウなどしてみたいなとは思いますが、自分にはあまり似合わないので、つけません。たまに、流行りのものも買ってみるけど、実際につけてみて似合わないと思ったら、結局使わないものもありますね。

じじさん:

季節によって、使う色など変えたりはしてないですが、色々と変えたりできるようになりたいです。

購入場所は、実店舗です。

ー お化粧品を買うときはネット派?お店派?

はなさん:

店舗で買います。ネットは、ほぼ見ません。店員さんにもあまり聞かないし、自分で欲しいものを見つけて買います。店舗に行くときはほとんど、どのアイテムの何色のものが欲しいかがはっきりしていることの方が多いです。

それに、お買い物はストレス発散になります。買い替えなくちゃいけないものの買い足しに行く時もあるけれど、プラッとお店に立ち寄って色々見てみることもありますね。

じじさん:

お店で買うことが多いです。ファンデーションを探している時は、候補を3つくらい絞って、実際にそれぞれのお店の店員さんに相談して、アドバイスをもらいました。肌質が乾燥系だから、これがいいよとか言ってもらえるので、店舗で選んだ方がいいなって思います。

お化粧の参考にする人はいる?

ー お化粧の参考にする人は、どんな人?アカウント名など、教えてください!

はなさん:

自分の好きなモデルさんや女優さんの顔(化粧)を見て、気に入った色を試してみたりはしますね。

気に入った人のは、スクショしてスマホに保存します。インスタだといいねを押したり、保存しています。(画像くださいました!)

インスタ

じじさん:

インスタでフォローしているメイクさん、美容師さん、企業などの写真を参考にしています。

メイクさん

  • chieogusu
  • yuka_washizu
  • style_works_
  • eminagino_makeup
  • ayavanessa

美容師さん

  • sakiemiura
  • tsubasadicky

企業

  • cefine_official
  • shuuemura
  • kohgendo_official
  • narscosmeticsjapan
  • maccosmeticsjapan
  • shiseido_japan
  • skii

状況に合わせてお化粧の仕方を変えています。

ー お化粧の仕方って、日によって変えたりしますか?

はなさん:

場面によってお化粧のパターンは変えますね。お仕事の時は控えめにします。

友人と遊ぶ時とか、デートの時は濃いめにお化粧します。

お休みの日とお仕事の日で使う化粧品を変えたりはしないですが、お休みの日の方がつける量は多くなりますし、塗り方も変えています。

高校時代には、雑誌でメイク方法を覚えました。

makeup、髪の毛、服は、non-no、小悪魔アゲハ、Eggで学びました。

雑誌は本屋で立ち読みする程度。ブランドはあまり見ないで、気に入ったものがあれば、自分が定期購入しているブランドで似たようなものを探します。

じじさん:

仕事時はお化粧しないです。

オフの日、知り合いに会う日、遊びに行くときにお化粧します。デートの時は、普段使わないお化粧品を使います。

お化粧をする意味とは

ー あなたにとってお化粧する意味はなんですか?

はなさん:

可愛くなりたいから、お化粧します。

顔のコンプレックスを隠して、かわいいモデルさんに近づきたいって思っています。

どちらかというと、課題解決のためという感じです。

他の人からこういうイメージに見られたいというお化粧じゃなくて、断然自分の好きな顔になるようにお化粧します。派手めの濃いお化粧が好きなんですが、自分がしたい化粧を色々と試してみたいし、自分で見つけます。

じじさん:

コンプレックスを隠すためですかね。マイナスをゼロにするというか。

自分に似合うお化粧方法がまだわかっていないので、とりあえずは人当たりのいい感じのお化粧ができるようになりたいです。それがある程度マスターできたら、自分が好きなお化粧方法を試したいと思います。

ー ありがとうございました!

今回は、20代のお二人にコスメアイテムについて聞きました。

お化粧には「こうしたい」という目的があり、参考にする人もそれぞれですが、今や、洗顔料などのスキンケア用品も、コスメの一部と考えられる時代。

いろいろな情報に触れられる環境があるからこそ、ユーザーがどのような基準で商品・サービス選んでいるのか、詳しく調査をすることが求められます。

無料お役立ち資料フォーム