リライト

リライトってなに?修正・加筆が必要な記事の見極め方やポイントを紹介!

ブログやWebサイト(オウンドメディア)などを運営している場合に欠かすことができないものの1つに「リライト」があります。リライトしなければ検索順位が落ちたり、サイトの集客数が少なくなったりなどのデメリットが生じることも。

しかし、中にはリライトについてよく知らない人もいるでしょう。そこで今回は、サイトを運営しているなら理解しておくべき「リライト」について詳しく紹介します。

基礎から分かりやすく説明するので、あまり知識がない人でもポイントを押さえることができます。

・リライトが何かよく分からない人

・リライトすべき記事の基準が知りたい人

・リライトのポイントや注意点をチェックしたい人

はぜひ参考にしてください。

リライトとは

リライトとは、Web上で公開した記事(コンテンツ)を修正する作業のこと。タイトルやディスクリプション、リードを変更したり、本文を加筆したりする場合もあります。

リライトを行って読者が求める記事(コンテンツ)にすると、検索エンジンに表示される順位のアップにつながります。検索順位が上がればページをクリックしてサイトに訪れる人の数が以前よりも増えやすくなるため、重要な作業であるといえるでしょう。

リライトすべき記事とは

リライトを行う記事は、ユーザー行動を元に判断することが大切です。

例えば、ユーザーの滞在時間や熟読率などの指標を基準にするといいでしょう。

項目内容
滞在時間ユーザーが同ドメイン内で次ページに遷移するまでにかけた時間
熟読率ユーザーが記事を熟読した箇所の割合

上表のような指標を元に、「ユーザーが記事のどの部分を読んでいて、どの部分をスルーしているのか」を分析しましょう。そして、分析内容に応じて記事のリライトを進めていきます。

記事を編集すると聞くと、「タイトルから本文のすみずみまで変更しなければいけない」と感じる人がいるかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。もちろん、記事の内容によってはほとんどすべて変更しなければいけないこともありますが、新しい情報を少し加筆したり、見出しの順番を並び変えたりするだけでもリライトです。

まずは、ユーザーの検索意図に合った情報が不足している記事をリライトの対象にすることをおすすめします。

リライトのポイント

リライトを行う前にチェックしておくべきポイントをいくつか紹介します。

リライトのポイント①ユーザーのニーズを調査する

ユーザーに読まれる記事を作るためには、ユーザーがどのようなニーズを持ってキーワード検索を行っているかを調査する必要があります。いろいろな調査方法がありますが、Webサイトを運営しているならページごとの獲得キーワードを調べてみましょう。

検索のボリュームが大きいものを抽出して、ユーザーがどのようにしてページに訪れているのかを分析します。この分析方法だと、自サイトが中心にすべきキーワードの見極めがしやすくなります。

コンテンツのテーマと検索クエリとの間に整合性があるかチェックしてみましょう。

リライトのポイント②キーワードを確認して、記事に盛り込む

記事を作成するときは内容の中心とするキーワードを設定しますが、検索上位を狙うならサジェストキーワードにも目を向けることが大切です。サジェストキーワードとは、検索エンジンに中心キーワードを入力した場合に表示されるキーワードのことです。

例えば、検索欄に「東京」と入力した場合、「ホテル」「天気」「23区」といった言葉が候補として表示されます。これらがサジェストキーワードです。

サジェストキーワードは、検索エンジンがさまざまなユーザーの検索履歴に基づいてサジェストしています。したがって、Webサイトのコンテンツにサジェストキーワードを盛り込むことで、ユーザーのニーズを満たしやすくなるのです。

リライトのポイント③競合記事は必ず確認・分析する

競合記事とは、当該記事のキーワードを検索エンジンで検索した場合にページの上部に表示されるコンテンツのこと。上位の記事は下位のコンテンツよりも、ユーザーがページをクリックしてサイトに訪れる可能性が高くなります。

一般的に検索エンジンの上位に表示されているコンテンツは、ユーザーのニーズを満たしていると判断されているものであることから、リライトを行う場合は競合記事の内容を確認して、分析し、真似することが大切です。

ただし、内容をそっくりそのまま使うと検索エンジンにコピペ記事だと判断されてしまいます。コピペ記事だと判断されると、オリジナルの記事がコピペ記事だとして検索順位が下げられてしまったり、ペナルティを受ける場合もあるので、あくまでも競合記事を参考により良いコンテンツを作成することを意識しましょう。

競合記事で使われているキーワードを探したり、見出しの順番を参考にしたりなどして、自サイトをリライトすることをおすすめします。

リライトのポイント④読みやすさを追及する

ユーザーが求める情報が多数記載されている記事でも、読みづらければ直帰率が高くなり、サイトの検索順位が落ちてしまいます。そのため、リライトを行う場合はユーザーにとって読みやすい記事を意識することが大切です。

誤字脱字の修正はもちろん、専門用語の解説・言い換えもリライトにおいて非常に重要です。文字だらけの記事だと視覚的に読みづらくなるので、適宜、表や図を作成して見やすいコンテンツにするのもいいでしょう。

リライトのポイント⑤リライト後の効果を検証する

記事のリライトに力を入れるがあまり、修正・加筆後の効果を検証しない人がいます。しかし、これではリライトが上手くいったのか、さらに修正が必要なのか判断できません。

リライトを行った後は、少し時間をおいて必ず効果を検証しましょう。検証と実行を繰り返すことで、徐々にリライトの流れやコツもつかめるはずです。

リライトする際の注意点

記事(コンテンツ)をリライトする場合は、「本当に修正・加筆が必要か」を見極めることが大切です。深く考えずにリライトを行うと、かえって検索順位が落ちたり、PVが減ったりする可能性があります。

頻繁にタイトルを変えていると検索エンジンにスパムだと思われる可能性もあるので、タイトルの変更は多くても月に1度までにしておきましょう。

まとめ

Webサイトなどの運営に重要なリライトについて紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

大切なポイントをまとめると次の通りです。

・リライトとは公開済みの記事を編集すること

・ユーザーの検索意図に即した記事にリライトすることが重要

・キーワードや競合記事の分析はリライト前に必ず実施する

・リライト後の効果を確認し、必要に応じて再リライトを行う

・安易に記事をリライトしない

リライトを行うと記事の閲覧数やサイトの来訪数が増える可能性があります。ブログやオウンドメディアなどを運営しているなら、定期的に記事をリライトしてユーザーのニーズを満たすページを作成することが重要です。

今回紹介した内容を参考に、記事のリライトを行ってみましょう。

お役立ち資料ダウンロードはコチラ

<参考>

リライトとは? SEOを意識した記事の改善方法・優先度・リスク(ミエルカブログ)

リライトとは?記事コンテンツのSEO効果を高める方法(Keywordmap ACADEMY)