新商品開発 本

新商品開発に役立つおすすめ本6選!開発プロセスや注意点も解説!

市場の変化に対応し、競合企業との競争に勝利するためには、消費者や顧客の趣味・嗜好の変化にあった新商品を提供することも大切です。しかし、いざ新商品開発をしようと思っても、どこから手をつけてよいのか、どう新商品開発をしていけばよいのか、開発した新商品はいつ市場に投入すればよいか迷うこともあるでしょう。

本記事では、新商品開発に関するポイントや参考となる本について紹介していきます。ぜひ、最後までご覧ください。

新商品開発のプロセスとポイントを紹介!

新商品開発のプロセスとして

  • アイデアの創出
  • スクリーニングとコンセプト開発
  • 製品開発と市場テスト

が挙げられます。それぞれのプロセスと注意すべきポイントについて解説します。

アイデアの創出

新商品開発の最初に実施するプロセスが、アイデアの創出です。新商品開発のアイデアを創出する際のポイントは、自社独自の技術がある場合、その技術を最大限に生かした商品のアイデアを考えること。

開発側の目線で新商品のアイデアを考えるのではなく、商品を使用する消費者・顧客の目線に立つことも重要といえるでしょう。アイデアの創出段階では、さまざまな視点で意見を出し合うことが必要です。 

スクリーニングとコンセプト開発 

アイデア創出のプロセスで出たアイデアを開発コストなども考慮しながら商品化できる内容かどうか、ふるいにかける「スクリーニング」。そして、スクリーニングによって精査されたアイデアを、より明確なコンセプトとしてまとめることが、新商品開発のためのコンセプト開発です。

消費者が商品に求めている価値が何かを考えることと、その理解を深めるためのマーケティングリサーチを行うことがポイントです。

製品開発と市場テスト

スクリーニングしたアイデアから抽出したコンセプトをもとに、実際の新商品開発を進めていきます。このプロセスで重要なのが、開発した新商品をいきなり市場投入してはいけない、ということ。

出来上がった商品を自社内で試して問題がないと判断できたら、市場テストを実施しましょう。市場テストで消費者・顧客から支持される商品であると判断できたら、市場投入をすすめると良いでしょう。

新商品開発に役立つ本6選

上記で解説した新商品開発のプロセスや注意すべきポイントなどがよくわかる、新商品開発の際の参考になる本を6冊紹介します。

最強の商品開発

作者:ラマヌジャム,M./タッケ,G./山城和人/渡部典子(翻訳)

出版社/メーカー:中央経済社

発売日:2018年2月27日

本書は、ドイツ・ボンを本拠とする経営戦略コンサルティング会社で、現在は25か国39のオフィスに1,400人以上の従業員を擁するサイモン・クチャー&パートナーズのCEO、タッケ・G.氏と、数々の新商品の市場導入を支援してきた取締役兼パートナーのラマヌジャム・M.氏とが制作した新商品開発の専門書です。日経ビジネスをはじめとする数々のビジネス誌への寄稿やセミナー・カンファレンスなどで講演を行っている山城和人氏も制作に関与。

ウーバー、ポルシェ、リンクトイン、スワロフスキーなどの世界有数の企業がどのように商品開発を行っているのかを解説しています。

実践 商品開発 マーケティング戦略

作者:佐藤義典

出版社/メーカー:日本能率協会マネジメントセンター 

発売日:2018年7月13日

本書は、マーケティングコンサルティング会社、ストラテジー&タクティクス株式会社のCEOである佐藤義典氏の超ロングセラー著書「実戦マーケティング戦略」の最新作です。この本の著者である佐藤義典氏は、読者約2万人の人気メルマガ「売れたま!」の発行者でもあり、豊富な経験に基づく実戦的なマーケティングのコンサルティングが、分かりやすく参考になると経営者から高い評価を受けています。

そのため、この本を参考にすれば、「使い方・TPO」主導の刺さる商品開発法や効果的に市場に落とし込む方法を理解することができるでしょう。

新製品開発マネジメント

作者:河野豊弘

出版社/メーカー:ダイヤモンド社

発売日:2003年11月1日

本書は、学習院大学名誉教授で経営学博士の河野豊弘氏が、新商品開発に関しての成長戦略の原理を体系的に示したもの。独自の調査と内外企業の豊富な事例をもとに、成功する新製品の開発とライフサイクル管理の方法を理解することができます。

新製品開発のプロジェクトマネジメント

作者:高橋隆一

出版社/メーカー:同友館

発売日:2000年2月1日

本書は、製品開発の企画・立案から始まり、製品開発されて廃棄されるまでを記述したもの。開発アイデアの決定、開発目標の設定、開発方針の決定など、それぞれの段階での要点が示してあり、新製品開発を成功させるために必要なことを学ぶことができます。

新商品開発プロジェクトのすすめ方

作者:和田憲一郎

出版社/メーカー:同文館出版

発売日:2014年6月6日

本書は、三菱自動車やギャラン、FTO、米国生産のスペシャリティーカーであるエクリプス、エクリプス・スパイダーなどの内装設計を10年以上にわたって担当してきた和田憲一郎氏の著書です。和田憲一郎氏が新商品開発のプロジェクト責任者に任命されたとき、どのような心構えでプロジェクトに向き合ったのか解説しています。

本書を読むことで、どのような判断基準で判断し、どのように行動すればよいかを理解することができます。

成功する商品開発~「買いたい」をつくる

作者:近藤真寿男/近藤浩之

出版社/メーカー:ビー・エム・エフティー 

発売日:2012年5月20日

本書は、アサヒビール、味の素、キリンビールなど有名企業50社以上でコンサルティングを行ってきた近藤真寿男氏の著書です。これまで1000を超えた新たなブランドや新商品・新機種を開発してきた近藤真寿男氏がその経験に基づいた新商品開発の進め方を理論化して解説。

紹介されている事例について知ることで、理解を深めることができます。

まとめ

多くの企業が新商品開発に挑戦したいと考えていることでしょう。

しかし、いざ新商品開発のプロジェクトを立ち上げるとなると、アイデアがなかなか出てこなかったり、上手く形にできなかったりするもの。

本記事の内容と紹介した本を、新商品開発に役立ててください。

無料お役立ち資料フォーム

<参考>

最強の商品開発(Amazon)